講師 Instructor

クリストファー・ギブソン  

IMG_7370

4才よりチェロを始める。高校在学中に Tanglewood, Indiana University, Interlochen の夏期プログラムに参加。横浜インターナショナルスクール卒業後、2005年に米イェール大学に進学、哲学・政治学を二重専攻。在学中、Aldo Parisotとのオーディションに合格し、イェール音楽院にてメニューイン氏との共演を果たしたOle Akahoshi氏に、室内楽をWendy Sharp氏に師事する。日本国際問題研究所やモルガン・スタンレー証券東京支社での夏期インターンシップを経験。大学在学中、Yale University Summer Fellowship in Japanを授与され、チェリストとして東京でコンサートや録音活動を行う。2011年秋にイェール大学卒業後、哲学、文学、芸術を通して英語を教えると共に、チェリストとして東京・鎌倉を中心に活躍中。2012年冬、国際演奏家協会新人オーディションにてバッハ無伴奏バイオリンパルティータで入賞した際、審査員の一人であるバイオリニスト川畠成道氏から「曲の世界に入り込むことの出来る演奏」という賛辞を受ける。


Half American and half Japanese, Christopher was born in Traverse City, Michigan and started cello at age four. He moved to Japan for elementary school, and studied cello with Shunsuke Fujimura at the NHK Orchestra. During high school summers, he participated in summer music camps at the Boston University Tanglewood InstituteInterlochen Arts Camp, and Indiana University Summer String Academy. Upon graduating Yokohama International School, he entered Yale University, majoring in Philosophy and Political Science. After passing an audition with Aldo Parisot, Christopher took lessons with Ole Akahoshi at the Yale School of Music as an undergraduate cellist. 

After graduating Yale in Fall 2011, Christopher has taught Philosophy and Cello. In Winter 2012, he won the New Artist Competition at the International Artist Association (IAA)  with comments from world-class violinist Narimichi Kawabata, who remarked that Gibson's Bach "allows the listener to enter the world of the piece." He performed from Bach's Unaccompanied Cello Suite No. 1 and Violin Partita No. 2 at the Sumida Triphony Hall in Tokyo and the Yokohama Minato Mirai Hall. 

IMG 7456



© Lyceum 2019